CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSE Japan Tour 2010 in 武道館
 
MUSEのLiveを見に、武道館へいってきました


    MUSE



あまり日本にきてないMUSE。

いい音聞かせてくれました。



















音楽って大事。

音楽って栄養。




| music | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SOIL&"PIMP"SESSIONS
久々の赤坂BLITZへ

SOIL&"PIMP"SESSIONS のライヴにいってきました☆
2009〜WORLD TOUR KICK OFF PARTY です!


ワンマンライヴ、

いっぱい元気もらいました ジョギング








おおきなミラーボール、とってもきれい!

ほしぃ!


今年は FUJI ROCK でも会えるかな !?


| music | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CHANEL Pygmalion Days Classical Concerts
花曇りの空だったりしますが
桜は咲き始めました。
渋谷駅近くでは八部咲きの枝垂桜もいました 桜



風がまだまだ冷たい日でしたが
久々のピアノリサイタルへ。


銀座 CAHNEL NEXUS HALL にて
ピグマリオン・デイズ・クラシックコンサートへお出かけです。





入り口は [BEIGE TOKYO] の隣。




GINZA CHANEL

CHANEL Pygmalion Days Classical Concerts



今回は須藤千晴さんのピアノソロ。
本当にお美しい方。

お顔立ちや立ち居振る舞いだけでなく
チュープトップになったドレスから現れる
デコルテ、首、演奏で鍛えられた長くしなやかな腕、
全てが石膏のような美しさです。
勿論、ジュエリーは必要ありません。



曲目は

シューマン『アラベスク ハ長調 作品18』に始まり
メンデルスゾーンから春にふさわしい2曲
『春の歌』『紡ぎ歌』
ドビュッシーの『前奏曲集第1集より アカプリの丘』、
フジ子・ヘミングさんでも有名なリストの"La Campanella"
最後は再びリストの大作『ダンテを読んで』


たっぷり堪能させていただきました。

須藤千晴さんのかわいらしい語り口で
一曲一曲丁寧に解説してくださいます。
これはとてもありがたいこと。
聞きながら情景が更に鮮やかに広がります。


千晴さんのピアノは粒が時々切なく消えます。
そのもどかしさが不思議と魅力で、
また容姿とは異なり少年のようでもあり
もぅ一度聞きたくなるような、逢いたくなるような
後を引くなにかがあります。

益々今後のご活躍が楽しみなアーティストです。



そして

以前 ELLIOTT ERWITT展 にいった模様など
こちらでご紹介させていただきましたが
銀座 CAHNEL NEXUS HALLは、質の高いアートや音楽を
無料でお客様に提供するために設けられたホールです。

CHANELから提供される素晴らしいフィーリングを
日常のエッセンスとして取り入れられる、
幸せですね。


是非、ご利用いただいてはいかがでしょうか。


| music | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近のLive活動☆
最近すっかりはまっているのが『 犬式 a.k.a Dogggystyle 』


とにかくかっこいー!

先日横浜ベイホールで行われた"濱JAM MIRACLE"のイベントで初見。
完全にやられちゃいました。

様子はこんな感じ。





大好き、EY∃@BOREDOMES(V∽REDOMS)





犬式!






犬式、もぅすぐ解散ですw

今年はソロでがんばるみたい、ボーカル三宅さん。


そして早速いって来たのです!
三宅ソロライブ@『  』(下北沢)

限定25名、薬膳カレー付き、つれてって〜!



はい、麻ミルクたっぷり薬膳カレー&麻系ビア。
ピリッと辛くて美味しい☆





限定25名様、集います。わいわい。





電源トラブルとか諸々ありましたがw
なんとか始まったソロライブ。


なんせかっこいー!!!
いい声、いい曲、いい音!
しかもなんせ三宅がかっこいー!





一緒にやってるパーカッションの人は
キューバに5年武者修行してたんだって。


三宅さんのお嫁ちゃんと娘ちゃんもきてました。
和み。



惜しいのは、トラブル多しでライブが押してしまったこと。
この後、お友達のバースデーを祝うのにパーティへいかなくちゃで中座。
その中座の瞬間に Life is Beatfull ですかw
もっと聞きたかった。。

でもいい、素敵だったから、



また犬式もソロも見たいな ポッ


そう!

私は音楽に関しては特に雑食で
良いと思えばどんなジャンルでも聞きます。
クラシックからレゲエ、ロック、ファンク、ブルース、JAZZなんでも!
(Jpopはないかなw)



音楽はココロに与える影響が早いと思います。
すぐ栄養になってくれる。
記憶に流れるBGM、
癒してくれるバイブス。


いつもすばらしい音楽に敏感でいたいです 赤りんご
| music | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヴァイオリン・リサイタル プログラムデザイン☆
今日は
このブログをご購読いただいているお客様にもちょっとした朗報があります星


先日、ご無沙汰してたお友達からメールを頂きました。

『 突然で申し訳ないんだけど、今度開催予定のリサイタルで配布する
プログラムのデザインをお願いしたいの 』

ホント !?


sodaplus の HP のデザインとか個展のDM、
ONLINE SHOP [ sodaplus * Brilliant SHOP ] からの
メルマガにくっついてたお年賀Web などみて
イメージにぴったり☆ とオファーを頂いたのです。


嬉しい&感激 ニコニコ



彼女は弦楽器を中心としたリサイタルなどを
企画運営する仕事に長く携わっています。

そんな彼女ご自身が立ち上げたグランディール・クラシック主催
ヴァイオリン リサイタルが開催されるんです!

なんて素晴らしいの! ラブラブ


彼女の日々の思いが綴られたブログ

ソシエテ・エソール 〜羽ばたく鳥のように〜


リサイタルのチラシはこちらです さくらんぼ





スヴェトリン・ルセヴ ヴァイオリン リサイタル

  ●  開催日 2009年3月1日
  ●  Hakujyu Hall
  ●  13:30開場 14:00開演

  ●  曲目・演目
     バッハ:無伴奏パルティータ第2番より「シャコンヌ」
     ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ
        and more



出演される海外のアーティストを口説くのにあたり、
まるでプロポーズするように足を震わせながら心中を告白。
彼は気持ちよく2つ返事でこたえてくれたそうです。

リサイタル開催までに、どれだけの準備が必要なのかしら?
素人の頭でざっと想像してもくらくらします。
深夜にも届くメール、時差のある電話でのやりとり。
ホールのお打ち合わせ、チケットの手配。。


それでも彼女は、素晴らしい音楽を届けたい。
本来のクラシック コンサートのイメージを少しでも変えて
客席を多くの若い女性で埋め尽くせたら、
そんな想いをこめて、夢に向かっています 赤い旗


女性に指示される美しい音楽のイメージを壊さないようにと
シンプルなデザインしかできない私ですが
プログラムのデザインのオファーを頂きました。

クラシックは詳しくないけど好き。
毎年少なくとも一回は聞きにいきます。

CHANEL GINZA NEXUS HALL は大好き。
良質の音楽をお客様へプレゼントするホール。
最近は抽選になってしまいなかなか行き辛くなってしまいましたが。。


(ヴァイオリン リサイタル のプログラムのデザインができるなんて
CHANEL ににくきゅう一個分近づいたみたい! 結晶


Hakujyu Hall はまだ行ったことないですが、
ずーっと気になっていたホール。
代々木公園の緑に近い、ビルの上階に位置するホールは
窓からの景色が抜けていて、まさに昼間のコンサート会場には
びったりとのことでした。



さて、ご購読の皆様への朗報とはここからです 赤りんご

リサイタルにご興味のある方、是非いってみたい!と仰る方は
こちらまでご連絡ください。

knock@sodaplus.com


若干お安くしてチケットをお譲りすることが可能です。
手数料、送料は頂きません。

2月20日くらいまでにご連絡くださいね ニコニコ



春の入り口に、素晴らしいバイオリンの調べを
サンデーランチの後にいかがでしょうか 桜
| music | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Waltz for Debby
昨日は中秋の名月、十五夜でした。
十五夜って暦の話なので、満月というわけではないのですね。
2日後に控えているのでほとんど丸ですが。

夜風も心地よく
深夜の作業も嫌ではない季節です。
次回参加させていただく展示会などの資料作成に
ひさびさの夜更かしです。

秋の夜長にぴったりな曲。。

ど真ん中ですが、やっぱりコレです。
名盤。









Bill Evance Trio [ Waltz for Debby ]





ニューヨークの Village Vanguard で行われたライブを
そのまま体感できるアルバム。
このアルバムが流れると、とたんに空間の空気が変わりますよね。

ベーシスト Scott LaFaro との最後のアルバムとなってしまった
貴重なライブアルバム。



良い曲って、聴き終わったあと
『ありがとう』とつい口に出してしまいます。



※展示会の告知は次回に。
| music | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |